Archive for 12月, 2014

子どもの耳管の特性

土曜日, 12月 27th, 2014

子どもの耳管の特性は、大人と比較して幅があり短い形であり、又ほぼ水平になっているため、細菌が進入しやすくなっています。大人よりも子どもの方が急性中耳炎を発病しやすいのは、この作りが関わっています。
通行中の衝突事故や屋根からの滑落など、非常に強い力が体にかかった場合は、複数の部分に骨折が齎されてしまったり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、さらに重症の時は内臓が損傷してしまうこともよくあります。
アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を悪くしたり突然変異を誘引する悪影響を及ぼす有害物質を身体の内部で解毒し、肝臓のパワーを良くする性能が確認されています。
一見すると「ストレス」というものは、「溜めないようにするもの」「取り去らなければいけない」ものと捉えがちですが、実を言えば、我々人は大なり小なりのストレスを経験するからこそ、生き延びていくことに耐えられるようになっています。
ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許切れの後に市場に出回って、まったく同じ成分で経済的な自己負担が少なくて済む(価格が高くない)後発医薬品のことを指します。
ミュージックライブの施設や踊るためのクラブハウスなどに据えられている大きなスピーカーの真正面で大音量を聞き続けて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼ぶのです。
トコトリエノールの効果の中では酸化を防ぐ働きがもっとも認識されてはいますが、その他に肌を美しく保つ効果や、血清コレステロールの産生を抑制したりすることが確認されています。
高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、数多くの研究によって、予防の効能が見込めるのは、注射した日の14日後から150日程と言われているようです。
鍼灸のハリを体に刺してもらう、というダイレクトな多数の刺激は、神経細胞を活発にして、神経インパルスという呼称の謂わば電気信号伝達を引き起こすと言われているようです。
亜鉛は、遺伝情報(DNA)やタンパク質を合成させるために作用する酵素や、細胞もしくは組織などの代謝に深く関係する酵素など、約200種類以上の酵素を構成する成分として絶対なくてはならないミネラルの一種だといわれています。
体を動かすのに必要なエネルギーとして速攻で使われる糖、細胞の新陳代謝に必須の蛋白質など、激しい痩身ではこの2種類に代表される様々な活動をキープするために欠かせない成分までもを欠乏させている。
常識で考えると骨折しない位の僅かな力でも、骨の限られた所に何度も繰り返し休みなくかかることによって、骨折へとつながることがあるので注意しなければいけません。
AIDSはHIV(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって罹患するウイルス感染症のことで、免疫不全となり些細なウイルスなどが原因の日和見感染や悪性新生物などを併発する症候群そのものの事を称しています。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を持たない人でも扱える医療機器で、本体から発せられる音声ガイダンスの通りに使うことで、心臓が細かく震える心室細動の応急処置の効き目を患者にもたらします。
汗疱(汗疱状湿疹)とは掌や足裏、又は指と指の間などにプツプツとした水疱ができる疾患で、普通はあせもと呼ばれており、足の裏に出来ると足水虫と思い込まれる場合が結構あります。